美容外科にレッツゴー|コンプレックスなどアッという間に消滅

ウーマン

目立つほくろを除去

顔を触る女性

顔など人目につく場所にほくろがあることが、コンプレックスとなっている人は多くいます。しかもほくろは、年をとるにつれて大きくなります。これはほくろが、肌に刺激が与えられることで生じるメラニン色素によってできているからです。年をとればとるほど、日々の生活で受ける刺激が蓄積されていき、それにつれてほくろの範囲が広がったり、盛り上がったりするようになるのです。そしてほくろによるコンプレックスもまた、大きくなっていきます。しかし美容外科を受診すれば、その場でほくろ除去をしてもらうことができます。ほくろの原因はメラニン色素ですから、外科的な方法で肌からメラニン色素を取り除けば、ほくろもまた除去されるのです。

美容外科でのほくろ除去は、手術またはレーザー治療によっておこなわれています。手術は具体的には、ほくろをその周辺の肌ごと切り取ってから、残った肌を寄せ集めて縫合するという方法となっています。手術によるほくろ除去は、ほくろが大きかったり、メラニン色素が深い部分にまで沈着している場合には、とても効果的とされています。一方レーザーによるほくろ除去は、ほくろを焼いて炭のような状態にするという方法でおこなわれています。炭となることでほくろは、肌の一部として存在していることができなくなり、自然にポロリと落ちていくようになるのです。レーザー治療は、手術と異なり出血が少なく、傷跡が残らない点から人気があります。このようにそれぞれのほくろ除去に、異なるメリットがあるのです。